鈴木裕樹賞

日本司法精神医学会
第3回「鈴木裕樹賞」候補者募集のお知らせ

 本賞は、触法精神障害者による不幸な事件の犠牲となられた故鈴木裕樹先生のご遺族よりの寄付によって平成18年より開始された「鈴木裕樹賞」助成事業によって行われる若手会員による研究成果の表彰制度です。
 受賞の対象となるのは、若手会員(応募時点で満40歳未満の本学会員、職種不問)を筆頭著者とし、前年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)に公表された論文で、司法精神医学の発展に大いに貢献したものとします。自薦及び他薦論文を選考対象とし、他薦者の資格は本学会員として5年以上の経歴を有することとします。
 論文ならびに推薦書等を郵送または電子メール(PDF添付)にて下記の選考委員会あてお送りください。締め切りは2022年1月31日(必着)です。なお、推薦書等の書式につきましては、下記より、ダウンロードしてください。

        「鈴木裕樹賞」候補 推薦書(書式1)
        推薦理由書(書式2)

 応募論文をもとに選考委員会で審査のうえ、理事会で決定し、2020年度の総会において発表・表彰します。なお審査段階で追加書類等の提出を求める場合があります。

 応募ならびにお問い合わせは下記の選考委員会あて文書(E-mailも可)でお願いいたします。


日本司法精神医学会「鈴木裕樹賞」選考委員会
〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部精神神経科
村松太郎
E-mail:muramatsu@a8.keio.jp